2017年8月17日木曜日

質問上手が得策だとか!?

一般的に、聞き上手は話し上手?

そのようなことを耳にしたことがありますが、最近、ある文言をネットにて目にし、その上に役立つこととなるのは「質問上手」だそうです!?

言われてみれば、全く、その通りだと思えるのですが、しかし、やはり初対面で営業的な接客を行うのは、スキルも必要なので難しいことだと思えます。

また、熟練度にも拠ることだろうと思えますが、当然、何年経験されたとしても、対面初の接客については、当然、難しいことだと感じられます。

それに、この様な時だからこそ、今回の文言にもあるように、話し上手を上回る質問上手になることを、目指してみてはどうでしょうか??

既に、この質問上手を習得されている方にとっては、ごく当然のことなのかもしれませんが、新人営業者のみなさんにとっては、極限の極意に当たるかもしれませんので、ぜひ、一度、挑戦されてみては如何でしょうか?

2017年8月7日月曜日

台風5号にご注意下さい!

雨量が多くなってくると、周辺の状況が気になってしまことも考えられるかと思えます。

しかし、油断大敵とも言われるように、危険は、絶対に冒さないようにして下さい。

状況を把握するためには、もちろん必要不可欠だとも思えますが、考えている以上に、危険が迫っていることも考えられます!?

恐らく経験にも拠る様にも思えますが、基本的に知り得ない状態にも関わらず、疎かにしてしまって事故に遭遇しまうことも多々あるように思えます。

まずは、自分を守ることを優先いただき、自身の安全を確保した後でなければ、他者を守ることは出来ませんので、危険を管理することと冒すこととは、全く異なるように思えますので、十分、自身の安全を重視されるよう努めて下さい。

2017年7月12日水曜日

水分補給は欠かさずに!

熱中症だけではありません。

心筋梗塞にしても、発症されやすくなるのはご存でしょうか?

余談ですが、発症の可能性が高くなる時間帯としては、起床してから1、2時間辺り、一般的に仕事に就く9時から10時頃に起こることが多いそうです。

発病する時、序章と考えられる症状としては、「胸が圧迫される」「喉が締め付けられたようになる」、その他には、「冷汗が発生する」、「歯が痛む」などが起こってしまった場合、心筋梗塞の疑いも考えなければならないのかもしれません。

基本的には、その様な症状を起こす前に、できれば水分補給を摂られると良いように思えます!?

心筋梗塞を発病されますと、死に至ってしまう場合もあり得ますので、十分に注意してください。

また、年齢とともに暑さへの対応に対しても、鈍くなってしまうこともありますので、喉が渇かなくとも、水分を忘れずに補給されことが重要だと思えます。

2017年7月4日火曜日

気軽な依頼はNG!?

皆さんは、どの様な判断をされるのでしょうか?

ついつい、ついでだからと言って利用されることも多々ある様にも思えますが?

今回、特に気になってのは、ある番組でのお話なのですが・・・。

とある議員さん、公務を行う施設内に、保育園施設も備わっており、そのついでとして実子も共に公用車で送り届けているそうです。

この件について、同じ程の子供がいらっしゃる芸能の母親からは、公用車を利用したことについては、別として許容して欲しいとのコメントが寄せられたそうです。

また、それが許されない状況であるのであれば、働く母親は仕事と子育ての両立が難しいのではないかとも・・・っと、擁護を求められたそうです。

しかし、一方の出演者からは、一般の家庭と同じ職場環境の感覚と、国会議員とでは、全く別なもので、片手間で政務をされても困る!

それに、子育て中だからといって大目に見てくれない職場環境も実在されている事も考えられるし、それを許してしまうと、何か困ってしまうと子育て中だからいう言い訳の原因になってしまうと持論を述べており、むしろ議員だからこそ、規律を尊守することが重要だとも言われていました。

今のご時世、「もしも」の事態が起こってしまうことも考えられますので・・・。

2017年6月27日火曜日

「自然(じねん)」に触れる生活?

自然と書いてジネンとも読むそうです。

自然(シゼン)とは:人が関わっていないありのままの状況?
自然(ジネン)とは:おのずの状況、自然現象などから発生的な現象?

いすれも対立しない絶対的な存在の様にも思えますが、その自然(じねん)として行動される方が、健康の上にも、また、可能性に対しても広がることを提唱された医学博士がいらっしゃるそうです。

実験での例えを挙げてみると、子どもたちに授業開始前に運動を行った後、テストさせると成績が上がるそうです!?

自然の営み中の一つに人間は存在されているように思えますが、本来的には動物でもあるし、人類史から垣間見ても、常に狩りの生活をおくっており、その狩猟をするための時間は日に16キロメートル以上、歩いたり走ったりの行動をしていたそうです。

また、「自然(しぜん)」とは自分自身とは別の関係で、「自然(じねん)」とは自分自身も含また関係と解釈されているとも考えられるそうです。

これらを深く考え起こしてみますと、今の社会、生きるための生活にしても観察的に捉えるのではなく、「じねん」として念じ、共に生き抜く術を持ち併せた行動をしなくては・・・!?

ところで、朝早起きをすることと自然に触れた行動、所謂、歩くことなども良いそうなので、自負的になってしまいますが、この行動は自然に含まれているのかもしれません??

2017年6月19日月曜日

睡眠のコツとなるのでしょうか?

一般の方たちにとっても睡眠、ちゃんと摂られているのでしょうか?

眠りを阻害していると「睡眠負債」と言われる状況になるそうです!?

その様な状況になってしまうと、気付かない内に、ある状態に陥ってしまうこともあるそうな?

また、記事の情報によりますと、日本国内で働き盛りの人たちにも蔓延されており、その個々の人たちが集合体となり、国家レベルにも及ぼしてしまっていることが考えられているそうです。

文明社会になるにつれて、その睡眠負債を増加傾向されているとも・・・。

日本国内で分析しただけでも、年間15兆円の経済効果が損失されているとも考えられているそうです。

それらを阻止するためには、まずは、ご自身が睡眠負債が表れているかどうかを確認されてみることも、一つの手段になるのかと思えます。

とは言えども、その原因を記事で読んでもみましたが、あまりにも普通の環境の出来事の様にも思えますが、まず一つに、体が太りやすくなってきた!?

それ以外には勝負に弱くなってきたとか、空気感が読めないなど・・・。

如何でしょうか?

一般的に思い描けるような生活だと思えるので、ほぼすべてに近い方が睡眠負債になっているように思えませんか??

しかし、これを一つのヒントとして捉え、少しでも要素が含まれていると考えられる場合には、日々の日常生活の中であっても、多少なりとご注意された方が良いのかもしれません・・・。

私は、それらの打開案の一つに繋がるかどうはか分かりませんが、昔からよく言われているように??

基本的な生活習慣として実行しているのは、今日寝て明日起きることを心掛ける様にしています。

所謂、早寝早起きの実行です。

夏でも冬であっても、朝起きたらさっと起き、それぞれ数ヶ所の店舗を、運動不足の解消も含め歩いて店舗の清掃活動をしております。

睡眠負債を軽減するためには、何かを捨てなければならいことも、含まれているように思えますので、しかし、捨てながらも、それ以外に付随できるものに対しては、どん欲に取り組むように努力をしております。

それが、今の現状にプラスとなっているかどうかは分かりませんが、健康状態もすこぶる良い様には思えています・・・。