2018年4月19日木曜日

栗林公園にてコイヘルペスウイルス感染か。

やはり花見で訪れることも多いかと思えます。

国の特別名勝でもある栗林公園では、桜および、立派な松林と共に由緒正しい建造物の見学にも訪れる公園でもあります。

また、その施設内の各所には池の配置もされており、四季を通して観光名所にもなっているように思えます。

今回、池を優雅に泳ぎ回っている鯉が、コイヘルペスに感染されてしまった模様です。

その数おおよそ750匹が殺処分されてしまう様です。

非常に残念ではありますが、致し方ないのかもしれません・・・。

また、コイヘルペスに感染された鯉から、人体への影響はないそうなので、ある意味、安心かとも思えますが、やはり殺処分されることを考えると、なんとも言えない気分になっております。

栗林公園内の池には、子どもたちが鯉の餌として麸を与えてる状況も目にされた記憶もありますが、この人気も、しばらくはお休みになってしまうように思え残念でもありますが、それ以外にも素晴らしい景観が目のあたりにできるかと思えますので、その景観に心癒していただければと思います。

2018年4月6日金曜日

神聖に重んじられるだけに。

人命には代えられないとも思えますが、しかし、女性が土俵に上った時の放送にもあったように、神聖な仕来りに拠りますと、女人禁制でもあったと言われています。

しかし、人命を軽んじていると批判も多々あったようで、相撲業界トップに因るお詫びを述べる事態にも及んでしまったようです。

また、そのトップから土俵に上った女性に対して感謝状を贈られたそうなのですが、人命を助けるのは当たり前のことだとして、辞退された模様です。

そんな記事があったと聞いて、あまりの素晴らしさに驚きを感じ得ませんでした!!、

それ以外としても、川に車が落ち込んでしまった二人に、高校生が救助し、助かったニュースもあり、素晴らしくも感じましたが、万が一のことを考えると、やはり救助をする時においても、二重の被害に遭わないようにしていただきたいものだと思えます。

ところで、先程、救助された女性についてのお話なのですが、土俵に倒れた方は病院の院長、もしくは関係者だったらしくて、また、救助に向かった女性は、その病院の看護師さんだったそうな?

いずれにしても、この様な事態になることは予想だにもされていないと思えますので、今回を糧に、新しい指導要項を行なった方が良い様にも思えます。

そして、何よりも、市長さんを助けることができたことが、一番の喜びだったように思えます。

2018年4月3日火曜日

油断は大敵です!

どの様な状況になろうとも、油断は大敵だと思えます。

アイドルグループのライブコンサートで、落下する事故が起こってしまったそうです。

ステージを見ますと、やはり事故については必然性も高いように思えます。

しかし、その分、注意力も高めなければらないのかもしれません?

例えば、自動車を運転するときにもそうだと思えますが?

スマホを操作しながら事故を起こしてしまうことは、ある意味、必然の高い事故だとも思えますが、前後左右の確認を起こったとしても、100%の安全は保証されないとも思えますので、可能性として、十分、認識されなくてはならいようにも思えます。

一般的な道路を走行していたとしても、危険な場所、事故が多発するような地域などに至っては、更なる注意義務を怠らないようにするしかないのかもしれません・・・?

いずれにしましても、不安が過った時には、冷静さを呼び起こすと共に、立ち止まるなり、徐行するなりをし、注意喚起するしかないのかもしれません?

しかし、ライブ・コンサート中であるならば、その辺りのことも互いに起こり得ることにを、十分に熟知をし、反映されるのも大切な要因なのかもしれませんね!?

個人的な判断としてですが、事故現場のステージを見ておりますと、事故は必然性を伴うような状況のようにも思えております・・・。

2018年3月9日金曜日

国の地域環境によっては?

先日、テレビ内容に対してのニュースを閲覧しておりますと・・・。

皆さんも、ご存知だと思える「桃太郎」の童話について。

その時、起こったされる鬼退治が話題が上り、あるタレントさんから、退治するよりも話し合いで解決して欲しい!かったと言う内容記事がありました。

おそらく周りで生活している方たちも、非常に優しく、環境的にも満足されているのかもしれません!?

しかし、国に因っては、絶対に目を合わせては駄目だとか?

持ち歩くものは最小限にし、金目の物を所持するなとか、何かと注意事項を目(耳)にすることもありますし、随分と以前になるようなお話ですが、ハロウィン祭の日、地域の住宅に訪問した時、拳銃で発砲された事件がありました。

日本国内であれば、基本的に起こるようなことではないように思いますが、国・環境によっては、その様な事件に遭遇されてしまうことも考えられますので、会話を行おうとしても、既に・・・。

それに現在、国内でのニュースを見ていても、刑事事件を目にすることも多々あるように思えますので、やはり話し合いを行う前には、十分に注意をし、行動を起こさなければならないように思えるのですが、皆さんはどの様に推測されるのでしょうか!?

2018年3月8日木曜日

花粉のみではなく食品にもご注意を!?

3月、暖かくもなってまいりましたが、2月の下旬より、徐々に花粉が飛び交ってきてしまっているようです。

私は、それほどまでの症状は現れないのですが、症状に因っては、非常につらい状況になってしまうようです。

まずは、お見舞い申し上げます。

ところで、花粉と言えばマスク・点鼻薬などを使っていることも多いのではないでしょうか。

しかし、それと並行してと言うべきなのでしょうか?

食品についても、ある程度、症状が緩和されることも可能なようです。

と言っても薬ほどの効果はないのかもしれませんが、日にち薬として摂るようにされてみても良いのではないでしょうか??

以下、花粉症の対策として控えれば良いとされている商品は次の通りです。

・身体を冷やすものは控える。

冷たいジュース・酒・アイスクリームなど、それ以外としては甘いものなどのケーキとかチョコレートなど。

・臓器(肝臓)への負担は避ける。
私の大好きなアルコール、乳製品とケーキ、菓子パン、甘味料が多く含まれている?コーヒーなどの飲料水。
 
・身体に熱を与える食材。
 
辛い唐辛子などの香辛料、いわゆるカレーなど、脂っぽいラーメン、揚げ物などと濃い口の食品など。
 
以上の様なことが書かれてはいましたが、日常的に、必須的な食品のように思えますので、できれば控えるように努力をされると良いのかもしれません??
 
味付けというものは、日常的に生活の一部とも思えますので、小さなお子様などがいらっしゃる様であれば、家族全員で控える努力をなさっても良いかもしれません・・・。
花粉症に陥ってしまうことを考えれば、毎日努力を重ねるのも一つの手段として良い様にも思えます??

2018年2月13日火曜日

毎日の積重がいずれ・・・。

四季を通して、毎日毎朝、早朝より清掃をし、気づきにくい所にも満足いただけるようコインランドリー クニカタで実践しております。


もちろん雨だろうと雪だろうとも、また、天候によっては車で向かうこともありますが、ほとんど徒歩でコインランドリーにて清掃を行っております。

その実践の積み重ねが、いずれ大きな差が現れてると確信しております。

・・・っと、書き込めば、良い行動を行っているように思えますが、実は、清掃活動を行っているのは、自分自身の成長、所謂、一種の修行のために行っていると言っても過言ではないと考えております。

その教えを説いていただいたのが、とある法人会で、目が醒めたらさっと起きることから始まり、清掃は自身を磨くための修行だと聞かされ、それを実践しているだけなのです・・・。

しかし、その実践を行おうとしても、ほとんどの場合、3か坊主になってしまうことも考えられますが、己に厳しくすることで運命を切り開き、境遇を造ることにもなる繋がる様に思えます。

一人でも、苦難を正面から向かい合い実践することで、もっと素晴らしい世に変わってくれるのではないと思っております。

一般社団法人 倫理研究所

2018年2月7日水曜日

悪口は自分に返ってきます!?

基本的に「人は鏡、万象はわが師 【万象我師】」だと考えております。

因って、人の悪口を言っていると、いずれ自分に戻ってくるように思えます。

また、加害者も、そこまで深く考えてはおらず、面白半分で行動されたように思えますが、今回の事案についても多々起こってしまっており、いくら学生だと言えども、事が収まることもありますが、情報などが漏洩されてしまうことも考えられます。

今回も、同級生の学生にいじめの状況を撮影し、SNSで仲間内に公開されたそうです。

しかし、残念ながら、そこでとどまらず、拡散されてしまった模様で・・・。

それにより加害者だったものが、最終的には被害者になってしまい個人情報までもがSNSで公表されてしまい、その恐怖で授業も受けられなくなってしまったそうです。

軽はずみな事であったとしても、その行動が、全世界に公開されてしまうインターネットのツール。

なにを行おうとも、マックスのことも想定しなければならないのがインターネットです!

最終的には、自己責任であるということを、十分に認識しなくてはならいのかもしれません。

ぜひ、ご注意されますように!